ABOUT


* 介護保険ソフト「Suisui」!!
* 【期間限定】人気食材のおためしセットSALE
* 介護goods
* 老人ホーム・介護施設紹介センター
* 床ずれ用品


↓猛暑対策は万全に♪


1クリック応援よろしくお願いします にほんブログ村 介護ブログ 介護職へ



INFORMATION
SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENT
CATEGORIES
ARCHIVES
OTHERS

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

- / - / - /
認知症とボケの違い
ボケとは人間の精神活動が普段の状態と多少異なっていたり
幾分に衰えていたりする状態、と医学的に定義されています。
これはとても幅広い定義です。


例えば、寝ボケや時差ボケなど普段と比べて
意識の状態が低下している状態もボケに含まれます。
まさに日頃の私です。


高齢者の認知症は単に物忘れととらわれがちですが
物忘れをしない高齢者はほとんどいません。
ちなみに私は既に物忘れがひどいです。

認知症も広くはボケに含まれますが、
それが病気によるものなのか、そうでないかにより
大きく分類することができます。

高齢者にケアを提供していくうえでは
ボケと認知症を明確に分けて考えていくことが必要です。


認知症と間違えやすい状態として、

・ 鬱状態

日常の生活動作を行うのが億劫になり、
頭痛等の身体面での訴えが多くなります。
又、無気力になり物忘れも起こります。


・ せん妄状態

心臓病や糖尿病、脳卒中、感染症、骨折、脱水
薬の副作用、急激な環境の変化などで起こります。
多動、集中力の低下、興奮、暴言、暴力、
また意識レベルが下がり、物忘れやや見当識障害、判断力が低下して
認知症と酷似した状態になりますが、
違うところは、原因を治療するとすぐに改善するところです。


代表的な痴呆にアルツハイマー型痴呆と脳血管症の痴呆があります。

・ アルツハイマー型
少しずつ進行します。
記憶障害を中心にした健忘期に続いて、失見当や混乱反応などの
知的障害を主にした混乱期、
更に高度の知能低下、言語機能の喪失、失禁などの痴呆期と推移します。
神経細胞の萎縮・脱落は全体に広がっていくので
知能機能が全般的に低下し、人格が崩壊します。

・ 脳血管性
比較的急性に発症し、その後発作を起こす度に階段状に悪化します。
脳血管障害、主に脳血管の梗塞によって起こります。
既往症に高血圧あるいは脳卒中を起こしたことのある場合が多いです。
麻痺や言語障害の神経症状を伴う場合もあります。
知能の低下が一様ではないので、まだら痴呆とも呼ばれます。


両痴呆のケアの違い

・ アルツハイマー型
大部屋で賑やかに。
他人のペースに合わせる。
グループでのケア。

・ 脳血管性
個室で静かに。
自分のペースで。
1対1の関係で。


タイプによりケアが異なるので、
その方の状態をよく理解し対応することが必要です。


************************

最近、不穏な業務日誌でいっぱいいっぱいだったので
久しぶりに真面目なエントリーになりました^^;

デイの利用者には認知症の方が多いです。
それもアルツの方が圧倒的なので症状は静かに確実に進行しています。
上記のような脳血管性痴呆の方もいらっしゃいますが、
もともとデイは集団でのケアの場所なので、静かにすることや
マンツー対応がいつも出来るわけではありません。

一人一人にとって、良いケアが出来ているか?と言われたら
それが難しい部分も当然ありますが、
良いケアの基本は、やはり介護者が心身ともに健康で安定していること。


最近の我がデイは、「心」の健康が微妙です(__)


私自身、もう一度初心に戻り、
不満を言う前に、自分のケアが利用者一人一人にとって
満足してもらえるものかどうか?
いつもその事を頭の隅に置いて仕事をしていきたいです。



自己満足の拙いブログに
いつも応援クリックをありがとうございます。
皆様の応援を更新の励みにさせていただいています。
にほんブログ村 介護ブログ 介護職へ
福祉全般 / comments(0) / - /
母のMRI検査
昨年、突然の言葉のもつれと目眩で
脳梗塞と診断された母。
その後の受診でMRI検査を受け、梗塞がいくつか見つかりました。


誰でも高齢になるにつれ、梗塞が出来やすくなるそうなのですが
母の場合もそれ以後は体の不調もなく
普通に日常生活を送っていました。


今日は更に詳しい検査ということで
もう一度MRIを受けるため、受診。
母は耳が遠いので診断結果を漏らさず聞くために
お休みをとり私もついていきました^^;


この時期はどの病院も同じだと思うのですが
本当に驚くほどの混みようでした。
12時からの予約だというので少し早めに行き
予想通り待たされ・・・
検査→検査結果→会計と全て終わるまで
2時間半ほどかかりました。
ちなみにそこは総合病院ではありません。


そして結果は
前回見えにくかった梗塞が1つしっかりと見えたこと。
軽い動脈硬化。
「物覚え(いわゆる記憶)」を司る部分の脳に萎縮が見られる。


とりあえず今飲んでいる薬を飲み続け
半年後に再び検査をするという指示を受け病院を後にしました。


物覚えの部分が縮んでるらしいよ、と母にいうと

「その通り!!最近物忘れひどいのよねえ。
すごいわねえ そんなことまでわかるの?!!」


人間も70過ぎれば物忘れのひとつもしますよね^^;
私は既に物忘れひどいです(涙)
もしかしたら母より萎縮が進んでいるかもしれません(号泣)


しかし最後にポロっと医者が言った一言は、

「この梗塞の位置があと少しずれてたら片麻痺になってたよ。」


母はそれを聞いて身震いしていました。
帰りの電車で母がしみじみ言っていたこと。

「長生きはしたいけど、それは健常者として生活を楽しみたいのであって
一人で何も出来ないのに長く生きていたくない。」


誰もがそう思うことなのですが
障害をもってすぐ寿命がくるわけではありません。


今のところ母は元気ですが、
いつどうなってもおかしくない年齢で、しかも梗塞があるのも事実。
入院や手術という結果でなかったことは一安心なのですが
手放しで喜べる心境でもありませんでした。


一日も長く今の元気な状態が続いてくれることを願うばかりです。



***************************


今朝の寒さは何でしょう。
耐えられません(T_T)

毎日毎日、予報では
「明日はさらに冷え込みます。」
「例年を下回る気温です。」


ああ〜(T_T)本当に寒い。


明日は一般浴です。


しかも娘の学校の行事で5時起きです(T_T)
手がかじかんでお弁当も作れません(T_T)


春よ〜 早く来い〜〜〜(T_T)



自己満足の拙いブログに
いつも応援クリックをありがとうございます。
皆様の応援を更新の励みにさせていただいています。
にほんブログ村 介護ブログ 介護職へ

私のこと / comments(2) / - /
いつかは母の介護
実家から戻ってきました^^;


自宅にいると、
何かと家事があり、ゆっくりテレビを観る時間というのは
皆無に等しいのですが、
この2泊3日、実家でゴロゴロテレビをひたすら見続けました^^;
きっと母は、「なんだこのぐうたら娘は?」と思っていたでしょう。


母はとにかく耳が遠いのですが
数日一緒にいると、それ以外にも老いを感じる言動が
あちこちに見られます。


本人も自覚があるようで
「最近ボケできちゃったのよねえ」などと笑いながら言うのですが
きっとそれほど遠くない将来
母も一人では暮らしていけない日が来るのだろうと
ふと思ってしまいました。


父が末期ガンで、在宅看護となったときには
母と姉、そして私と三人助け合って
何とか最期を看取ることが出来ましたが
母が要介護となった時に、
果たして私にどれくらいのことができるんだろうか。


と、
まだ一見元気な母と会話をしながら
今後の母の老いも心配せずにはいられない部分もありました。


とはいいつつ、
テレビ見続けました^^;
(ブログ最初に戻る↑^^:)


明後日は母の脳梗塞診断後のMRIに付き添います。
悪い結果でないことを祈ります。



自己満足の拙いブログに
いつも応援クリックをありがとうございます。
皆様の応援を更新の励みにさせていただいています。
にほんブログ村 介護ブログ 介護職へ

私のこと / comments(4) / - /
声の大きさ
今日から三連休。
ふと思い立って実家にきました。


耳の遠い母と話す時
つい大声になります。
母の声も大きいです。


でも…
デイでたくさんの利用者さんと接していると
無意識に大きな声になっているんですよね。


私の母と同様に
補聴器はつけているけど
耳が聞こえにくい方がたくさんいらっしゃいます。


もともと声は小さい方ではないので
ここ数年で
更に大きくなったかもしれませんf^_^;


帰り前レク担当の時は
広いフロアで声を張り上げてレクをして
最後に必ず歌を一曲二曲唄うので
帰りの挨拶をするころには
確実に枯れてますf^_^;



そのうちに
ドスの効いた渋い声に
声変わりするかもしれないので
その時には是非
ブログに音声をアップします(笑)


家で子供達を怒鳴ってると
虐待と間違われるかも…



この連休、実家で休養します♪



自己満足の拙いブログに
いつも応援クリックをありがとうございます。
皆様の応援を更新の励みにさせていただいています。
にほんブログ村 介護ブログ 介護職へ



※携帯からの投稿なので
読みにくい箇所があるかもしれません(__)
日々雑感 / comments(2) / - /
良いストレスと悪いストレス
人間は日常生活の中で
必ず何らかのストレスを抱えています。


人口の60%程度の人が、
一年間のうちに何らかの理由から鬱状態を経験しているそうです。
ストレスという言葉はもともと物理学の言葉で、
ひとつのシステムに加えられた緊張、圧力、張力という意味があります。


ストレスというと
まず最初に浮かぶのが、病気や不快感などのマイナスイメージ。
しかし、中にはプラスのストレスというものもあります。
例えば、スポーツ選手などが決勝戦を前に練習に励むとき
これは選手にとって相当のストレス状態になりますが、
この場合のストレスは良性のストレスといえます。


逆に会社の倒産などで失業した場合などのストレスは
不安や不快感をもたらす悪性ストレスということです。


ストレスは適量で良性のものであれば
一種の活性剤としての効用をもっています。
毎日、緊張がなく頭や体を使わない漫然とした生活を送っていると
ストレスが少なすぎる過小ストレスとなり
心身の感覚が鈍り、退化させてしまうことになります。
アルツハイマーと異なる単なる老人性痴呆などが
そのよい例であると言えます。


私たち個々の人間が誰しも必ずもっている欲求の多くは
欲求不満や葛藤にさらされがちで
この場合のストレスは大体が不安や緊張を生じさせ
悪性ストレスの原因となりかねません。


体への悪性ストレスを少しでも減らし
心に良性ストレスを適度にもたらしながら
ストレスフルな日常生活を送りたいものです。



**************************


これから帰省します♪
といっても
帰省といえるほどの距離ではありませんが^^;


ここ最近、泣くほど笑ったことって
あまりなかったのですが・・・・
大晦日に放送していたダウンタウンのガキ使を録画して
昨日見ていたら
笑いすぎて気持ち悪くなるくらい笑ってしまいました^^;


笑っちゃいけない新聞社、
思い出しただけでもまた笑いがこみ上げてきそうです・・・



自己満足の拙いブログに
いつも応援クリックをありがとうございます。
皆様の応援を更新の励みにさせていただいています。
にほんブログ村 介護ブログ 介護職へ
福祉全般 / comments(8) / - /
<< / 2/26PAGES / >>