ABOUT


* 介護保険ソフト「Suisui」!!
* 【期間限定】人気食材のおためしセットSALE
* 介護goods
* 老人ホーム・介護施設紹介センター
* 床ずれ用品


↓猛暑対策は万全に♪


1クリック応援よろしくお願いします にほんブログ村 介護ブログ 介護職へ



INFORMATION
SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENT
CATEGORIES
ARCHIVES
OTHERS

<< 変なテンション | main | 買い物レク >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

- / - / - /
鬱状態と鬱病 その3
関連記事
・ 鬱状態と鬱病 その1
・ 鬱状態と鬱病 その2


鬱状態の人への援助

鬱状態の治療は、それに陥った要因によっても違ってきますが
その基本は休養と薬物治療、心理療法(カウンセリング)とされています。


鬱状態にある人にとって
休養は最も大事なことで、鬱病も休養だけで良くなっていく場合もあります。
しかし、なかなか十分な休養をとれないのが
鬱状態にある人の特徴とも言えます。


鬱状態に陥る人は、真面目な人が多いため、
何も出来なくなった自分を怠けとして見て、自分を責め
何とか早く立ち直ろうと焦ってしまう傾向にあります。


また、周囲の人も
抑うつ気分や億劫さ以外に目立った症状がないときに
やはり怠けとして受け取り、
励ましたり、言い聞かせたり、
叱責したりすることになりやすいものです。


休養が一番の治療法であることからすれば
本人の受け入れられない激励や叱責は
全くの逆効果と言えます。


それまでのすべての重荷や辛いことから
解放されるまで、
少しでも楽に休めるように見守るのがよい援助といえます。


しかし、鬱状態にある人が
部屋にじっとしていて、喋らないからといって
一人にさせておくには良いことではありません。


家人やヘルパーが何かしながらでもよいから側にいて
関心を向けておくことがとても大切です。
うつ状態の人は活動性が低下してるので、
そうした援助者が側にいても
表面的にはあまり関心を示すような素振りはしませんが
実際は側にいて受け入れてもらっていることによって
安心感を得て、癒され、支えられています。



************************

私自身の鬱状態(?)は脱しましたが、
また別の問題が勃発。


デイの後輩と食事をしながら、
今まで、他のスタッフとうまくやっていると思っていた彼女も
対人関係でかなりのストレスを感じていたことを知り、
今現在のデイの内情が
かなり根の深いものだとわかりました。


困ったもんだねえ〜と頭を抱えるばかり。


何をどう訴えても
改善されない部分が多々あり、
時間をかけて解決する以外、方法はないようです。


とりあえず、
自分の仕事は完璧にこなすしか
今のところ、思いつくことがありません。


皆様の応援に感謝しつつ
引き続き、1クリック応援よろしくお願いします(__)
にほんブログ村 介護ブログ 介護職へ

障害について / comments(0) / - /
スポンサーサイト
- / - / - /
コメント
コメントする