ABOUT


* 介護保険ソフト「Suisui」!!
* 【期間限定】人気食材のおためしセットSALE
* 介護goods
* 老人ホーム・介護施設紹介センター
* 床ずれ用品


↓猛暑対策は万全に♪


1クリック応援よろしくお願いします にほんブログ村 介護ブログ 介護職へ



INFORMATION
SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENT
CATEGORIES
ARCHIVES
OTHERS

<< 統合失調症 | main | いいのか悪いのか >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

- / - / - /
アルコール依存症
アルコール依存症の治療とは、
飲酒によっておこる身体や心の障害、
そして社会的障害を回復することです。


そのため、本人だけではなく、
家族全体を治療の対象とします。


お酒が切れたときに禁断症状がでるようになると
ひとまず入院してアルコールを体から抜くことや
肝臓障害などの治療をすることになります。


しかし、入院によって強制的にお酒を断っても、
退院すればお酒の誘惑はいたるところにあります。
医療機関での治療に合わせて
断酒会や、家族会など自助グループへの参加などで
断酒期間を長期にすることや
自分自身のお酒への依存に気づき
生活を立て直すよう努めます。


飲酒の量でアルコール依存症であるかどうかを決めることはできません。
利用者にアルコール依存の疑いがあっても
本人や家族に、生活していく上で
不都合が生じていなければ、手をつけられないのが現状です。


介護スタッフとして、依頼された援助を続ける中で
相手との信頼関係を築きながら、
アルコールにまつわるグチ等を聞かされたときに
どのような対応をするか、
大切なことは、アルコール依存症は
その家族を含めて治療が大切な病気だという認識です。


この認識とともに
地域にあるアルコール依存症の相談先、
例えば保健所や市町村の酒害相談等、
そして断酒会などを紹介すること、
つまり、社会資源とその活用法を知っておくことが
大切になります。


***************************

今日から5月。
北海道はフェーン現象の影響で30度を超す暑さだったとか。


このところ、日々の気温差が激しいので
うちのボースも体調が安定しません。


明日の仕事を終えると
恐怖の4連休に突入します。


ガソリンも今日から一気に値上げ、
どこの観光地も混雑しているだろうし、
やはり実家に避難が一番かと
静かに連休の計画をたてる
三人の子供の母。


ああー
一人で京都へ旅行に行きたい。
(心の叫び)



皆様の応援に感謝しつつ
引き続き、1クリック応援よろしくお願いします(__)
にほんブログ村 介護ブログ 介護職へ





障害について / comments(0) / - /
スポンサーサイト
- / - / - /
コメント
コメントする