ABOUT


* 介護保険ソフト「Suisui」!!
* 【期間限定】人気食材のおためしセットSALE
* 介護goods
* 老人ホーム・介護施設紹介センター
* 床ずれ用品


↓猛暑対策は万全に♪


1クリック応援よろしくお願いします にほんブログ村 介護ブログ 介護職へ



INFORMATION
SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENT
CATEGORIES
ARCHIVES
OTHERS

<< パーキンソン病 | main | 送迎のドキドキ >>
MRSA感染症
MRSA(メチシリン耐性黄色ブドウ球菌)は、
健常者の皮膚・粘膜からも検出されることもある
病原性の弱い菌です。


病原性が弱いので、通常は症状を現すことがないのですが
抵抗力のなくなってる人、例えば大きな手術の後や、
免疫不全症、そして高齢者などは、
皮膚や鼻、気道の粘膜から感染し、
発熱、上気道炎の他、あちこちの臓器で炎症を引き起こします。


MRSAが問題になるのは、
抗生物質に対して耐性があり、治療抵抗性があるためです。

また、病院内感染の原因菌としても注目されており
感染予防が大切です。


この菌は、乾燥に強く、部屋のほこりの中でも死滅しないので
床、壁を含め、部屋を清潔にすることが大事です。


また感染経路として、
ケアをする人の手指の皮膚があげられますので
石鹸を使い流水で手をよく洗うことが
感染予防になります。

手洗いのあとは、
使い捨てのペーパータオルを使うことが望ましいです。


***************

デイの中の空気は、正直いってあまりいいものではありません。
暖房も、かなり温度を高く設定しているので
広いフロア全体が乾燥しています。


以前、MRSAの利用者がいたときは
スタッフ全員、ケアの後の手洗いは当然ですが、
イソジンでのうがいが義務づけられました。


感染症の利用者に接するときは
他の利用者への感染予防はもちろんのこと、
自分の身を守るために
しっかりとした感染予防をすることが重要です。



4月も半ばになったというのに
今日も雨で花冷えの1日でした。


うちの喘息もちの息子も
体調がすぐれず、いやな咳が続いています。
早く暖かい穏やかな天気にならないものかと
母は気が気ではありません。



皆様の応援に感謝しつつ
引き続き、1クリック応援よろしくお願いします(__)
にほんブログ村 介護ブログ 介護職へ
障害について / comments(2) / - /
スポンサーサイト
- / - / - /
コメント
しっかりとした感染予防が重要です、とありますが、医療従事者として、この感染者のケアーをしている場合、手洗い、うがいで対応できるのでしょうか?又、自宅に菌を持ち帰る危険性はあるのでしょうか?
* misako * 2008/04/21 11:49 PM
◇ misakoさん

コメントありがとうございます。

MRSAはほぼ接触・飛沫感染と言われています。
うちのデイ利用者の場合は
気管支炎を起こした後だったため、
咳やくしゃみなどから飛沫感染のおそれがありました。

本人のマスク装着はもちろんでしたが
予防として、介助者のうがいと手洗いが徹底されました。(入浴介助もあったため)

飛沫感染した場合は
自宅に菌を持ち帰る結果になりますが
手洗いやうがい、着替えなどで
家族への感染は防げると思います。


保菌者の体に傷があった場合は
患部の粘膜から接触感染することも考えられますので
手指の消毒も感染予防には必要だと思います。

保菌者がいる場合の室内の消毒は
一種類の消毒薬だけを使用するのではなく
何種類かを使いながらの消毒が望ましいようです。


デイでは、スタッフにも他利用者にも
感染することはありませんでした。


ちなみに
私は介護資格はありますが
医療資格はもっていないので
ここに書かせていただいた内容は
自分で得た知識と看護士等からの説明等で得たものです。

ご心配があれば
専門機関で確認していただくと
より的確な説明が受けられるかと思います。

頼りないレスになりましたが
よろしくお願い致します。
* emi * 2008/04/22 12:29 AM
コメントする