ABOUT


* 介護保険ソフト「Suisui」!!
* 【期間限定】人気食材のおためしセットSALE
* 介護goods
* 老人ホーム・介護施設紹介センター
* 床ずれ用品


↓猛暑対策は万全に♪


1クリック応援よろしくお願いします にほんブログ村 介護ブログ 介護職へ



INFORMATION
SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENT
CATEGORIES
ARCHIVES
OTHERS

<< 認知症とボケの違い | main | 尖足(せんそく) >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

- / - / - /
認知症高齢者のコミュニケーションの原則
認知症高齢者は、判断力や理解力が障害されているので
まずケアをする人が相手を認める心を表に出すことが重要です。


言葉だけでなく、表情や身振りで
「あなたのことを見ていますよ」という伝え方を工夫し
全身でコミュニケーションを意識する必要があります。


認知症高齢者のプライドを傷つけず、自尊心を保つことができるよう
「痴呆」や「ぼけ」という言葉は使わないことも重要です。


・ コミュニケーションの原則

1 話題を直接関係があることに集中する。

2 指示を簡単なものにする。

3 情報の量を減らして、要点を絞る。

4 小さな情報にわける。

5 その情報をゆっくりひとつひとつ提示する。

6 時間をとって注意をじっくり払うようにする。

7 その人自身の言葉で復唱させる。(書いてもらう)

8 注意を喚起する。

9 身振り手振りを使う。

10 落ち着いた調子で話す。

11 沈黙しても急かさず、待つ。

12 よく耳を傾けて、何を言おうとしているのか聴き取る。


デイに来る女性の利用者さんでアルツの方がいます。
その利用者さんの状態は顕著に悪くなっています。

トイレで何をするのか理解できません。
入浴時の着脱が理解出来ません。
歯磨き、手洗いが理解できません。

トイレは必ず同室し、
「ズボンをおろしてくださいね。」
「パンツをおろしてくださいね。」

脱いで、というと全部脱いでしまう。

「便座に前を向いて座ってくださいね。」

こんな風に1つ1つの動作を声かけして
本人に動いてもらいます。

以前はトイレも一人で行けたのですが、
ある時、トイレからなかなか出てこず、
スタッフが見にいくと、便器の水で手を洗っていました。
それ以来、必ず同室するようになりました。

入浴時も、
ズボンに手を通してしまったり、
靴を履いてから靴下を履こうとしたり、
1つ1つの動作の順序が全く理解できなくなってしまいました。


クリアな方からすると、不可解な行動になってしまい
好奇の目を向けられてしまいます。
1つ1つの動作の前に、スタッフが声かけすると
今はまだ、自身で動くことが可能です。


スムーズに出来ないときや時間がないとき
スタッフはつい急かしてしまいがちですが
アルツの方にとっては急かすことが余計混乱を招く場合が多いです。


急がば回れ・・・
ちょっとニュアンスは違うかもしれませんが
早く目的を達しようと思ったら、焦る気持ちを抑えて
落ち着いて対応したほうが結局はスムーズに事が進みます。



***********************

ここ数日、夏日のように暑いです。
外は半袖でもいいくらい日差しも強く、気温も高い。
少し前まで寒い寒いと震えていたのに、
桜が咲いたと思ったら、もう初夏のように暑く
たまりません(T_T)


進学した子供たち、
少しずつ落ち着いてきたようです。
とはいえ、ボーズの給食までまだあと一週間(T_T)
学童通いをしているので、今月1日からお弁当持ちです。

初めは学童を嫌がっていたボーズも
やっと少し慣れてきたのか、
笑顔も見られるようになりました^^


働くお母さんにとって第二の壁と言われた小学校入学も
何とかクリアできたような・・・。


あとは中学高校の定期テストくらいです。


高校入っても長男のゲーム三昧は変わらず(-_-;)
部活に入って体を動かせ!と日々文句タラタラの私です。


自己満足の拙いブログに
いつも応援クリックをありがとうございます。
皆様の応援を更新の励みにさせていただいています。
にほんブログ村 介護ブログ 介護職へ

福祉全般 / comments(4) / - /
スポンサーサイト
- / - / - /
コメント
emi 最近ブログ頑張ってるね!
楽しく見てるよ。
 
今回は勉強になった。
 
 
 
オレも、ゲームも楽しくて止められない時があったなぁ。
ゴメンなかあちゃん・・・。
* ゴリ * 2009/04/13 9:14 PM
私の母の認知症もすすんできました。
電話で話していると母と親しくしていて、今は母の様子を見てくれている男性を、25年前に死んだ私の父だと言います。

その時私は悲しくなって父が死んだことを母に言ってしまいます。

そういう時、母の言葉の通りその男性を父として話したほうがいいんでしょうか?

* たかこ * 2009/04/14 9:24 AM
◇ ゴリさん


こんばんは!

頑張ってるというか、ぶっちゃけ現実逃避です^^;
あまりにもいろいろありすぎて
逆にそれについて書けないんですよね。

でもそのうち全部書こうと思ってます!

うちの息子はほんとにゲームが生きがいみたい。
呆れ果てますよー(-_-;)

* emi * 2009/04/14 10:49 PM
◇ たかこさん


こんばんは!

これは私個人の考えなのですが
お母様との会話で、現実と違うことでも
受け止めてあげられるものは受け止めてあげて良いのではないでしょうか?


認知症の方にとって一番よくないのは
「否定」だと思うんです・・・


受け止めて、共有してあげることで
お母様も満たされるんじゃないかなあと思うのですが。。。


うちの母も脳梗塞を患っているので
他人事ではありません。
たかこさんのご苦労お察しします。




* emi * 2009/04/14 10:56 PM
コメントする