ABOUT


* 介護保険ソフト「Suisui」!!
* 【期間限定】人気食材のおためしセットSALE
* 介護goods
* 老人ホーム・介護施設紹介センター
* 床ずれ用品


↓猛暑対策は万全に♪


1クリック応援よろしくお願いします にほんブログ村 介護ブログ 介護職へ



INFORMATION
SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENT
CATEGORIES
ARCHIVES
OTHERS

<< 脳梗塞の疑い | main | 母のその後 >>
排泄ケアは誰に頼みますか?
私が登録している介護のメルマガニュースで
興味深い記事がありました。


全国の40代〜80代の男女に対して行われた意識調査で
「誰かに排泄ケアをしてもらわなくてはいけなくなった場合、誰に一番してもらいたいか?」

との質問に
男性の約66%が「配偶者」と答えたのに対し、
女性は32%が「施設や病院のスタッフ」25%が「娘」。
「配偶者」を選んだのはわずか20%だったそうです。


この調査をした企業は、
男性は妻を頼りにしているものの、女性は夫を当てにせず
介護のプロや娘を希望しており、
夫婦の意識にはギャップがあるようだ、と分析しているそうですが・・・


分析もなにも、
その通りということですね^^;


そして、
「配偶者に排泄ケアをしてもらうことについてどう思うか」の質問には
男性の54%は「仕方のないことだ」を選択し、
女性は46%が「できればしてもらいたくない」、
14%が「絶対にしてもらいたくない」を選んだそうです。


このほかにも
「介護をする時に望む環境」「介護を受ける時に望む環境」など、
介護全般についての意識調査も行われたそうで、
「在宅でプロの手を借りて介護したい、介護してもらいたい」
という在宅希望が多数を占めたそうです。


自分が介護をする際に
日常生活の中で一番大変だと思う介助内容は?という問いには
排泄と入浴が多数を占め、
最低限自力で行いたいことは?という問いには
排泄が圧倒的多数を占めたそうです。



この記事を読んで
亡くなった父を思い出しました。


肝臓の末期ガンで
病院を転々とし、最期の3ヶ月は自宅に戻りました。


母と姉と私で
父との最期の時を過ごせて、とても幸せでしたが
それと同時に自宅で看取ることの過酷さも味わいました。


父は生前、
「トイレに一人で行けなくなったら人間は終わりだ。」
と言っていました。
人が最期までもつ「尊厳」は排泄なのでは?とも思いました。


亡くなる直前、
父は立つことが出来なくなり、オムツをしました。
排泄ケアを許されたのは母だけでした。


姉も私も、父の排泄ケアをしたのは
たぶん一回か二回くらい。


父の尊厳がなくなった時に
父は息を引き取りました。


デイでは当然のように日々排泄ケアをしていますが
きっと利用者の誰もが
出来れば自力で排泄をしたいと思っているに違いないと思います。


個々の尊厳を出来るだけ犯すことなく
日々の介護ケアに携わりたいです。



******************************


いよいよ明日は避難訓練。
先日、明日のタイムスケジュールの打ち合わせがありました。
私はフロアです。


ん?
訓練での私の担当はなんだっけ???



既にパニくってます(号泣)


自己満足の拙いブログに
いつも応援クリックをありがとうございます。
皆様の応援を更新の励みにさせていただいています。
にほんブログ村 介護ブログ 介護職へ

福祉全般 / comments(0) / - /
スポンサーサイト
- / - / - /
コメント
コメントする